隣のハットさん!

隣のハットさん!

ニッポンらぶなハット家のお騒がせ奮闘記 in Canada!!

MENU

カナダでこれだけは絶対にやらないリスト①高速道路を自転車走行

f:id:hatter4:20170711013517j:plain

日本で自転車といえば通勤や通学時のサラリーマンや学生、あとはママチャリを思い浮かべる方が多いのではないだろうか。カナダで見かける自転車といえばロードバイクやマウンテンバイクが多く、サイクリング用のウェアを着てヘルメットをかぶった本格的なサイクリストも多い。ちょこっと街乗りするのも本格的なサイクリングも、自転車に乗るときは必ずヘルメットの着用が義務付けられているカナダ。小学生の子供が歩道を自転車で乗っていても警察に止められることはないだろうが、自転車は原則車道走行が義務付けられている。私は自転車に乗らないが、ここまではサイクリング初心者でも基本ルールとして理解できる。

何が理解できないって、自転車が高速道路を走っていることだ!カナダの高速道路は区間にもよるが、制限速度は日本よりも上で、110kmなんて普通。制限速度以上で走っている車の方がほとんどという状況で、ここノバスコシア州のほとんどの主要高速道路は(禁止区間以外)自転車オッケーなのだ。

日本でお年寄りが自転車で高速道路に誤って侵入したなんていうニュースを耳にしたことはあるが、日本だったら警察に捕まりますよね?

確かに道路は日本より広いかもしれないし禁止区間もあるけれど、それでも高速道路に自転車というのはどうしても信じられない。今日も高速道路に4〜5人のサイクリストのグループが3組もいてビックリ!しかも結構年配な方たちで、高速の登り坂をえっちらえっちらフラフラしながら登ってるし危ないったらありゃしない。しかもノバスコシア州の高速道路は(高速に限らず自動車専用道路も)かなり状態が悪く、道路が穴だらけなのです。オンタリオ、特にトロント周辺の道路とは比べ物にならないほど痛んでいて、お金がないのでなかなか直してくれないのが現状なので、サイクリストにとっても高速道路を自転車走行するのは命がけだと思うのですが。

郷に入れば郷に従え、って言うけれど「カナダでこれだけは絶対にやらないリスト」入りは確実です(笑)